肩痛の原因

年齢とともに肩周りの筋肉、靭帯、腱が弱くなっていきます。
ちょっとしたことで痛みを伴いやすくなってしまう上に、筋肉や靭帯、腱が炎症が起きて筋肉が固くなると、関節の動きが悪くなり、その関節がうまく動かないことで痛みが発生します。
簡単に言うと、、例えば、古いハサミが錆びて動かしづらくなってしまうイメージです。
動かさないことで錆びて、硬くなる。
これが四十肩や五十肩と言われています。
「肩が重だるい」「すっきりしない」など肩こりの症状も辛いですよね。
常に腕の重さを支えている肩は、どちらにしても日頃から関節を動かすことが大切です。
そして肩の痛みは首の痛みにもつながっていきます。

肩の痛み

首痛の原因

今はスマホなどで便利な時代ではありますが、スマホを触る時は必然的に姿勢が悪くなりやすいです。
人の頭部は、体重の10%くらいの重さがあると言われていますので、例えば体重が60kgの方であれば6kgのオモリを体の上で支えているイメージです。
長時間頭が下を向いた状態でいると、首の関節への負担がかかり続ける時間が長くなると言うことですので、もちろんその蓄積で首の凝りや痛みの原因につながっていきます。

首の痛み

頭部の傾きによる首への負荷

首の傾く角度によって、首にかかる頭部の重み(負荷)が変わっていきます。

体重が60kgで頭部も重さが6kgの場合

■首が15度傾くと首にかかる頭部の重みは約12kg

通常時の2倍の重みがかかります

■首が30度傾くと首にかかる頭部の重みは約18kg

通常時の3倍の重みがかかります

■首が45度傾くと首にかかる頭部の重みは約22kg

通常時の4倍弱の重みがかかります

■首が60度傾くと首にかかる頭部の重みは約27kg

通常時の5倍弱の重みがかかります

少し角度が違うだけで頭部の重みの変動はとても大きいです。
腰よりも頭部と密接している首は、重みが直接的に負荷としてかかってくるので、首や背骨の歪みに影響しやすく、姿勢が悪くなってしまいます。
そして首の痛みもまた肩の痛みにつながっていきます。

こんな方が多いです!

  • ・デスクワークで長時間首を傾けている
  • ・電車など移動時間が長く、スマホを触ることが多い